HOME > スモールM&Aの特徴

スモールM&Aの特徴

■中小企業・小規模企業の、M&Aコンサルティングに関する悩み
【売却側企業の悩み】

① 再生企業(赤字、借入過多、債務超過、資金繰り難)なので、譲渡が難しい。

② 規模が小さすぎて、譲渡が難しい。

③ 社長個人の依存度が高いので、譲渡が難しい。

④ 将来、もっと企業価値を高めてから売りたいが、価値の高め方がわからない。

⑤ 自社の正しい企業価値を算定したい。

⑥ M&Aが正しい選択肢かどうか悩んでいる。

⑦ 買収先がなかなか見つからない



【買収側企業の悩み】

① 財務DDは会計士・税理士、法務DDは弁護士など各専門家が実施するが、事業DDは専門家がおらず、買収側の社員が事業DDを実施している。そのため、事業DDの質は低く、譲渡企業の現状が正確につかめない

② 買収側の社長の多くが、M&Aは失敗したと感じていると言われるが、売却企業と合併がうまくいかず、売却企業とのシナジー効果が期待できない

③ 売却企業が将来どの程度収益を上げるか曖昧のため、企業価値が不明確。

④ M&A会社は、PMIまで面倒を見てくれない



■当社のM&Aコンサルティングの特徴
【当社のM&Aコンサルの特徴(売却側メリット)】

① 事業再生のプロによる事業DDにより、売却企業の「現状」「問題」「強み」が事前に詳細に把握可能

② 事業再生のプロによる再生支援により、複数年で、売却企業のPL/BS改善を実現。

③ 事業再生のプロによる正確な事業計画の策定により、正確な将来の収益情報を把握

④ 再生企業(赤字、借入過多、債務超過、資金繰り難)で、現時点で譲渡できなくても、事業再生のプロが経営改善・売上向上を行い、複数年かけて譲渡できるまで企業価値を向上

⑤ 事業再生コンサルのノウハウで、社長個人の属人的な会社から脱却し、組織力向上を実現。

⑥ ブランドコンサルのノウハウで、強みの抽出価値の明確化と浸透企業価値を高め、収益力向上を実現。

⑦ 小規模企業でも、企業の強みを明確にして最大限にアピールし、買収メリットを明確に提示するため、売却の可能性が向上。

⑧ 大手M&A会社と連携しているため、多くの買収会社にアプローチが可能。

⑨ 経営者とじっくり話を行い、1つ1つ丁寧に話をして、納得感をもって決断できるよう支援。



【当社のM&Aコンサルの特徴(買収側メリット)】

① 事業再生のプロによる事業DDにより、売却企業の「現状」「問題」「強み」が事前に詳細に把握できるため、PMIの効率化、期間短縮、品質向上、早期のシナジー効果が期待できる。

② 事業再生のプロによる正確な事業計画の策定により、正確な将来の収益情報の把握でき、正確な企業価値算定が可能。

③ M&Aが失敗に終わるのは、現場レベルの統合作業がうまくいかないことが下人。統合がうまくいかないのは、買収前に売却企業の詳細の「現状」「強み」「問題点」がわからないことが原因。当社は、専門家の事業DDによる売却企業の事前の詳細な現状把握の他、当社にてPMIの支援も実施。そのため、売却企業の何が問題でどのように改善すればいいか強みは何でどう活かせばいいか、これらを買収側と吟味した上で、PMIの支援を行う。



■当社のスモールM&Aの支援内容


TOP